067 デッドリー

sl067.gif

ネクロマンサーになる
あたし、今そう決めた

魔法は当然666、その邪悪な数字にはラギッドゾンビも骨抜き
そんな上司でいたかった、派遣に優しくしたかった
夢のイービルランドで笑顔を引き出したかった
なのに本当の取り巻きはスローターなんだね……鎌とかほんとオーメン……
理想は現実程度に腐ってたんだ

サンクチュアリの痛みに耐えながらスタッフオブカーシングの目が光る
こいつも苦労してるんだ、解放してあげたいな
だから精錬した
「要らないけどさ」
と言えば成功するシナリオを使う
その確実なジンクスが不運な犬の遠吠えにのせて不吉の月まで届く
そして+9になったところで気付いた
本当に欲しかったものは骨髄まで通じ合える仲間だったんだ、って
悔しい! 捨ててしまえ!!
でもここで三途の川の先まで投げたら修羅に当たりそうだし
ずっしり暗めの阿修羅を撃たれたくはないし
だからそっと床に置いた
ああ、どこかの昔のアイドルみたいだね、なんて感慨、
そのフラグでウォーロック(お前も闇属性のくせに)が現れるのだろう
こっちがスミス以下3匹で必死になって最後ボスに破壊の鉄球めりこませている隙に
ディーン、レックスクリムゾンロックが炸裂
ムナックみたいにはなりたくない!
ムナックみたいにはなりたくない!
ムナックみたいにはなりたくない!
だが奇跡、信じぬものは、生き返る
なんと範囲に巻き込まれた床のスタッフオブカーシングが覚醒
反撃のオートスオペルでウォーロックが呪に落ちてしまえばもう感染
世界中のみんなが呪われた
のはずがそこはやはり不死、
わたしも当然フェニ尾で一撃だった
ああ……魔列車先輩、いまそちらへ……デッドリー


ギルドメンバーは止めるかな
あたし、今はまだウィザード



 
posted by zusuyo at 00:00 | 51−75