074 ログイン

sl074.gif
 
欲しい物なんて指折りどころじゃなかった
当時のどうでも良くない瞬間の宝物を
今の自分のポケットいっぱいに突っ込んでみたら、
膨らんで格好悪いことが気になって外を楽しく歩けなかった

数多の"嫌い"に、理由をつけて説明することができるようになったせいだろうか
もう僕は、乗り物の形だけでときめかない

何にどれに馴染むために今日も、
見えないほうの景色ばかりを気にして歩く
背筋を伸ばして、歩道の隅を、邪魔にならないように
なぜならそれはオトナのツトメであるらしい



「ログイン」と一声呟いて、さあ
誰の世界とかじゃない世界
運命も修行も制約もなしで魔法がその手から出た
ここでなら、昔欲しかったものを探さなくても新しく思いつくんじゃないかな
許すひとなんて必要ないから好きなだけいいし
愛されていいし、できるだけ
憎まれていいし、できるなら

だって、
君が子供のころ何度と探したリセットボタンが本当にありました

傷つけばやりなおしていいし
いとも簡単に
 



 
posted by zusuyo at 00:00 | 51−75