084 ボスタイム

sl084.gif

それは私がレストランでくつろいでいる時だった

食事も終わり、一息ついているその時
突然、夜景の美しい窓際に
巨大な黄金蟲が現われてね

パニックに陥った私を尻目に
周りの紳士達は課金料理を掴む
そして勢いよくほおばったかと思うと
口々に「バブルガム!」「バブルガム!」って、
雄叫びを発しているじゃないか!

こんな時、どうすればいいと思う?
すがるように辺りを見渡し
近くに居たシェフに視線をやったんだ
そしたらシェフ、私の前へフベルゲルミルのロックを滑らせ
パチンと目くばせをしながら
「君も、叩いてみるかい?」って

その後は無我夢中さ
近くに落ちてた椅子の足で
金ゴキの右頬に一発入れてやったよ

凄く長い時間に感じたけれど実際は数秒で終わったのかな
腰が抜けてへたりこんだ私に一人のマダムが近づいてきて
「おめでとう」って微笑んでくれたんだ
最初は何だか解らなかったんだけど
気付けば手元にはゴールデンヘッドギアが!

まあ価値は無いんだけどね
本当に嬉しかったよ
余りにも舞い上がっちゃって
知らない家の犬、勝手に精錬しようとしたくらいさ

おっと、もうこんな時間か
長話してすまなかったね
私もそろそろ行かなくては

そう、ボスタイムさ

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100