095 氷の心臓

sl095.gif

「選手宣誓、3年2組、クトルラナックス君


 ──つ、ついにこの日が来た……
オーディン! オーディン!! ちゃんと見ていてくれ?
ああ、身体が熱い、いまにも顔から溶けだしそうだ
オーディン!! どうか、トールの炎からここ(われの高鳴る胸)を守ってくれ!──

「……宣誓!!
 トールの炎は監視と誓いの炎!! それを消した者がいる!!
 われ、クルトラナックスはこの氷の洞窟の主として
 トールの炎から、すべてを守る!
 おろかな人間よ!
 お前は、自分の拙い好奇心によって、
 大自然の息まで凍らせる酷寒の苦痛を味わうだろう!

──ややや、やったー−−噛まなかった!
われ、一度も噛まなかったよオーディン!──


「ねえ今の聞いた? クトル先輩また……

「うん、いつも自分の名前間違えてるよね


──!?

──グォオオオオオオオオオ!!

 

 
posted by zusuyo at 12:48 | 76−100