-005

slg010.jpg

「光ってますかね」

*そうですね光ってますね*

「本で転送ってどういうメカニズムなんですかね」

*神の御心です*

「聖職者のワープポータルも?」

*神の御心です*

「ならば一昨日うっかり傘を起き忘れたのも」

*それはただの不注意です*

「そうですか… あ、それじゃ買ったばかりの雑誌のページが折れてたりしたのは」

*早くそれを読んでください*

「いやー、転送ってなんか怖いんですよね…
 "ハエ男の恐怖"って映画知ってますか? 確かあれは転送事故で男の身体が…、」

*はいはい、じゃあわたしが送りますから*

「え、そんなこと出来るならわざわざこんなとこま… な… で… ……!!」


**********

「……」

「ここは…」

slg011.jpg

「…! あ、あなたはもしかして… ヴァルキリー様!!」

*…… どうですか? ちゃんと着きましたか?*

「え? な、な、なに言ってるんですか目の前ですよ! あ、実はド近眼とか」

*ああ、いえ、そこはわたしの管轄ではないんです、
 つまりその方はまた別のヴァルキリーというわけなんですね、 ふふ、期待しましたか?*

「おお、そうだったのですかそれは失礼しました、
 期待、ええ、そりゃ声だけしか聞こえませんから気にはなりますよ」

*そうでしょうそうでしょう*

「手足6本顔3つだったり、表面が鱗に覆われてたり、絶えず猛毒を吐き続けているかも、とか」

*無人の島へ飛ばしてさしあげましょう*

「あ、いや冗談ですって、でも見た目だけ幼女だったりしないかな、とは思ってますから!」

*どうしてそれでフォローになるんですか、いいからもう転職してください*


**********

「お、見つけました、相変わらず馴れ馴れしいオーラが出てるな、
 ほんとヤバいですよね、こいつら、自分から"お仕事なにしてんすか?"って聞いといて
 こっちが"無職"って返すとすげー顔が引き攣るんですよ!? あはははは!」

*そうですね頑張ってください*

「…はっ! ぜ、全身から力が湧き出て…! こんな会話の最中で転職させられるのか…!」


slg012.jpg

「…… こ、これがチェイサー!」

*やりましたね悪漢*

「ええ、力が抑えきれない、今の自分ならアスムプティオが使えそうだ」

*それは課金アイテムです*

「敵の攻撃に倒れてもすぐさま起き上がれる気だってする」

*それも課金アイテムです*

「あ、ところで最初に仰られた目標を達成しましたが、自分は今後どうすれば?」

*いえ悪漢、この先更に、"3次職"というものが待ち受けているのです
 いまだ見ぬそれを人々は… "シャドウチェイサー"と呼んでおります*

「しゃ、シャドウチェイサーだって…!?」

*まだまだこれからですね*

「そ、そんなことになったら… 自分は…
 30分間得られる経験値が1.5倍になってしまうのではなかろうか!?」

*…そんなに課金アイテムがお好きなんですか?*





 
posted by zusuyo at 00:00 | -01−-25