100 金

sl100.png

君達はトレハンで手に入れたアイテムを売っている最中
ある疑問が浮かばなかっただろうか?

「なぜ、黄金よりも金塊のほうが安いんだ?」

そう、金塊は、黄金が3つ並んでいるグラフィックなのに
その値段はOC込64kz、対する黄金はOC込み124kz、こいつは恐ろしい格差社会である
僕は、地べたを這い蹲りながら鉱脈を形成し続ける金塊を
この手で救おうと決めたのだ


・仮説その1 [黄金と金塊はまったく別の物質である]

カタシムリとナメクジラは別物だし
アルベルタとアルデバランも別物だ
そう、モノが違うんだから名前が違う、当然値段も違う
なんともシンプルで根底的な理由だ
それでは両方のアイテム説明を見てみよう

sl100c.gif

 [黄金]
 太陽の輝きを持つ高貴な金属。
 硬くとても安定しているので加工が難しく、また珍しい為とっても 価値が高い金属だ。
 商人に高く売る事ができる。
sl100b.gif

 [金塊]
 たくさんの金鉱石の中で、純粋な金のみを取り出して作成した四角い金の塊。
 加工しやすく錆びないので、貨幣として用いられることが多い。


まず比較として目に付くのは
黄金の加工が難しいとの表記に対して金塊は加工がしやすいと書かれている
そしてもう一つ、
黄金は珍しいと書かれているのに、金塊の説明文ではそこそこ流通しているような書かれ方だ

これはもう決定的と言いたいところだが、
金塊は比較的最近に存在が確認されたアイテムのため
時代が進み、鉱脈が発見されたことで流通が増え、
そのおかげで加工技術が上がったという可能性も払拭できない
しかし、そうであるならば、黄金の価格が金塊に準じて下がるはずなのだがそのようなことはない
というかLv4武器や神器等のアイテムの材料を金塊で代用することができないため
やはり別の物質と考えたほうが自然である

が、

君も感じただろうこのパッション
そうとも、この仮説は出来すぎている
それは現在のラグナロクオンライン社会的には不自然なことなのだ


・仮説その2 [ラグナロクのNPCは頭がおかしい]

僕が収集品を売るとき、
アイテム鞄の片隅からチラチラと顔を覗かせるシンブレイドやドリルカタールに対して
たったの12zなどという、べと液以下のなめた査定をキメてくる時点でどう考えてもおかしい

と、言ってやりたいところだが、ここは異国の地、
夏が近くなれば何処の家の裏庭でも、ドリルカタールがうっそうと群生していたりするため、
こんな雑草には値段を決めて払う気なんておきないね、という背景があるのかもしれない

そういえば彼らNPC商人達、
扱うものが違えど、思想いがみ合う国境線を跨げど、
彼らの提示する値段は全国一定でぶれることがない
僕は、絆というかプログラムというかそういうものをヒシヒシと感じた
彼らからすると冒険者達のほうこそ頭がおかしいという認識なのだろう


・仮説その3 [金塊は一つ一つがとても小さい]

驚愕、金塊のグラフィックは騙し絵だった
実際は1粒がグリコみたいな大きさである

どうだろうこれなら誰もが納得ではないか
まあ重量を見ればイッパツなので、調べてみた
[黄金]重量:20
[金塊]重量:30

……

はい畜生、しかしここで新たな仮定が爆誕したのだ


・仮説その4 [重量の概念が我々の住む世界とは違っている]

重量とは、空気を歪めるなんらかの負の力、
つまり重いとマイナス要素になるのではなかろうか

それを裏づけする事実として、
ベインスの周辺で採掘されるメタリウムという名の鉱物がある
これは実はユミルの心臓の欠片となんらかの関係がある機械の材料らしいので
レッケンベルがベインスの住民を使って集めている
この鉱物の成分は生身の身体で扱うにはとても身体に負担のかかるものらしい

おお、なんて重いアイテムだろう
住民達はこれを、安い労働賃金(仮説上、存在が重いから安い)にもかかわらず、
体調を崩しながら日夜掘り続けているのだ

重い、重いぞ、これは完璧すぎる
金塊も存在がなんらかの理由で重く、そのため価値が低いわけだ

いやあしかし、
こんなにも誰一人納得しない説明でよいのだろうか



・仮説その5 [忘れていた]

ぶっちゃけ、
開発チームが金塊を実装したとき、
彼らは黄金の存在を忘れていたのだろう


不自然が自然、これが終末の世界だ



 
posted by zusuyo at 10:44 | 76−100

099 公式おすすめサイト

sl099.jpg
 
とある筋からの情報によると
「デワタ」バナーを貼ってキャンペーンにより、公式からリンクされたらしい
察しのいい君達なら理解できただろう
そうとも、ここ1ヶ月ちょい程、
君達の頭に常に付き纏っていたあの疑問がついに解けるのだ

「な、なんでこんなヤボったい画像が、
 こんなにもスタイリッシュな毎日ゲーム脳のトップに貼られているんだ!?

フッフッフ、その答えがそこにある
それでは確認のためにラグナロクオンライン公式サイトへと飛ぼうじゃないか



ふむ、相変わらずだな、
つーか毎日見てるしな

ところでこいつが目に入ったんだが

sl099b.jpg

RJC2011の告知画像なんだけどこれはヤバいね、誤解を招きかねない
ハッキリ言ってやろうぜ

大会で誰もガンスリなんか使わないって

え、言い方が酷い? ガンスリに謝れ?
待てよ! マジ、ガンスリ持ってるよ? 元メインキャラ
いやいやいや、全然言いすぎじゃないって!
だって、お前らのガンスリ、今回のトレハンで出す前はいつ出したよ?

前回のトレハンだろ?

いやほんと、
もしRJCに出場するヤツがこの日記を見ていたら、
チャットで一言呟いてみてほしい

「俺、本戦はガンスリで出ようと思ってるんだ!

まあお前はその一言で間違いなく補欠落ちだが

ちげーよ、ガンスリの話じゃねーんだって
ブログを貼ってキャンペーンのページを探しにきたんだよ

しかしこんなゴチャゴチャしたトップから探すのかよ
なんなんだよもう、ウォーリーを探せかっての
ウォーリーは丸付けたらヒンシュクもんだけど、
これは丸でも付いてなきゃわかんねーだろ


……

……

──30分後──

オーケイ、世の中そんなに甘くない
バナーたった1枚貼っただけでトップに紹介ページのリンクとか載せねーってのな!!
なに夢みてんだよおい! 現実なめてんのか!?

放置するだけでレベルが上がるか?
チャット打ってるだけでET登頂するか?
スカイプで声聞かせるだけでLvカンストするか?
お前らどう思う?

そうだね、全部できるね

クソ! こんなことならバナー20枚位貼っとけばよかったぜ!



で、結局どこにあんの?

もしかして…… 貼る貼る詐欺!?

お! これは上手いね!
ちょっと上手すぎたんじゃないかな!?
さすが天才すぎでしょう
いやー公式からリンクされる訳だわこりゃ

なあ!?


どこにあんの!?



 
posted by zusuyo at 17:50 | 76−100

098 不具合修正

sl098.png

 それは、僕にとっては突然だった

 それは、アイツからすれば突然ではなかったのかもしれない

──────────

 それは数ヶ月前

アイツは、自然に僕の傍にいた

今まではどうしていたんだ?
さあ? 今しか考えていないので僕は知らない
そんな程度の便利な存在、などと表現してしまうと聞こえが悪いのだが、
ただ必要と感じるなら、その時だけは本当にそれで十分なんだと思う


アイツが存在を主張したその日
僕がそれを認識したその日
それから大分長い間、僕達は何処へ行くにも一緒だった

──────────

 それは1週間前

噂を聞いた、正確には偶然耳に入ってしまった
それはあまり良い内容ではなかったのだが

僕は気付いていない振りを続けた

僕が必要とすることが不具合なのだろうか
考えたところで現在が変わる訳ではない
何より、その関係が当たり前過ぎたから

──────────

 それは今日

突然、アイツの言葉は僕の耳に響かず
突然、アイツの存在は僕の必然ではなく
突然、アイツが嫌いになった訳じゃない
突然、ただ昔と同じ関係に戻っただけ

──────────

 それは昨日

それを露店に並べていたなら
現在の僕はどう思うのだろうか

僕は倉庫の一番下にそれをしまった

──────────

 それは幾月
 それは幾年先

きっと僕は新しい相手を見つけて
そいつと一緒なんだろう
そしてまた仕舞うことになるのだろう

 それらは少しづつ、倉庫の上へと登るのだろうか

一番上に辿り着いても、
それ以上、もう何処にも行けないのに

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100

097 油セージみつかる

sl097.png

昨夜、重力時間8時頃、[鷹が本体]を職位にする逆毛さん(Lv88三色マジ)が
コモド海岸付近で重度のラグにより動けなくなっていた一人のラグナロ娘を保護した

その後保護したラグナロ娘を闇ポタで寺南へ運んだところ
立ちアコの発言によって絶滅寸前の油セージであることが判明した

これについて付近住民に意見を去来要請したところ
 「いまどき油とか禿藁」
 「レベルアップが出なくなったからツデローヘデームベトーンの無駄かと」
 「やあボクBOT! でもご主人様はバレてないと思ってるから気付かない振りしてあげてね♪」
 「ふふり」
等のコメントが返ってきた

 (2011年5月22日00時00分/チネ2162人 洋介新聞)



 
posted by zusuyo at 15:21 | 76−100

096 女子力

sl096.gif 

「〇〇ちゃんさ? あんなにアシデモ投げてお財布だいじょぶなの?

『あーw へーきへーきw 女子力でギルド資産から落としてもらってるからw

「あははw そいやあたしもこの前トリオでET行ったときは女子力で登頂させたw

『さっすがw あ、そだ、Lv150おめでと! もうそれで5体目?

「うんw あたくし、女子力でガーデン固定枠ですの!w

『www
 

「あ、ちょっと呼ばれちゃった!

『はーい! さ、ほらほらお姫様!

「うんうん、我可愛くあらんことを絶えず努力、なんてね!w

『なにそれww そういうのなんていうんだっけwww

「さあ?w なんだろねwww

 

 
posted by zusuyo at 20:57 | 76−100

095 氷の心臓

sl095.gif

「選手宣誓、3年2組、クトルラナックス君


 ──つ、ついにこの日が来た……
オーディン! オーディン!! ちゃんと見ていてくれ?
ああ、身体が熱い、いまにも顔から溶けだしそうだ
オーディン!! どうか、トールの炎からここ(われの高鳴る胸)を守ってくれ!──

「……宣誓!!
 トールの炎は監視と誓いの炎!! それを消した者がいる!!
 われ、クルトラナックスはこの氷の洞窟の主として
 トールの炎から、すべてを守る!
 おろかな人間よ!
 お前は、自分の拙い好奇心によって、
 大自然の息まで凍らせる酷寒の苦痛を味わうだろう!

──ややや、やったー−−噛まなかった!
われ、一度も噛まなかったよオーディン!──


「ねえ今の聞いた? クトル先輩また……

「うん、いつも自分の名前間違えてるよね


──!?

──グォオオオオオオオオオ!!

 

 
posted by zusuyo at 12:48 | 76−100

094 この歌

sl094.jpg


(From 〇〇〇〇) : こんにちは
(To 〇〇〇〇) : はいこんにちは!!
(From 〇〇〇〇) : あの、いつきてもいますね^−^;

(To 〇〇〇〇) : え

(From 〇〇〇〇) : ご職業はなんですか?^−^;
(To 〇〇〇〇) : 影葱です!!

(From 〇〇〇〇) : ……違います^−^;;

カタカタカタ
そんな こと 言う 君に この歌を 送ろう、 それは
→【Enter】

(〇〇〇〇)接続していないか、存在しないキャラクターの名前です。

 

 
posted by zusuyo at 21:03 | 76−100

093 アラップ

sl093.png

「毎日クリップ殴りつづけてやっと転生できたの!

『クリップ? 間違えてんなよw モンスターの名前はアッサラームだろ?w

「……アラームだよ

『わかってんじゃん

「そりゃわかってるけど……

『ならいいんだけどな


「え、なにがいいの?

『水や空気とか

「??

『とんがり山脈とそこから生まれた川、たゆたう翡翠色の湖面、
 そしてこの2センチちょっとの目の内に果てなく映った海と
 それより更に遠い、あの快晴の空を構築する数千万の水色にもいい

「いいね!

『へえ? なにが?

「;;


『そういや、クリップって昔グラフィック違ったよな

「えー? 覚えてないなぁ

『つまんないヤツ、どこ世代? スイーツシンドローム?
 映画で悲しい記号を突きつけられてやっと泣き、どのシーンが悲しかったとかだけ語る系?

「し、調べてくるから!

『そういう話じゃないだろう

「ごめんね;;


『チっ、もうアラームにマリンスフィアーカードを挿すんじゃなかろうか

「それだとブラストアラームだね!

『ほう? なんだねそれは?

「もぉ;;;;


『さてと、ではここで問題です
 毎日時計で飽きませんか?

「それって問題なの?

『問題です

「うーん……
 針の読み方を知ってから今日まで、毎朝、毎昼夜目にするものだけど、
 もう見たくないとかは思わないよw

『評価、現在より過去までのおまえを誰よりも許そう

「ありがとw

『うむ、では褒美として、そのとっておきの対アラーム用武器を過剰精錬してやろう

「それはだめw

 

 
posted by zusuyo at 14:02 | 76−100

092 サテ

sl092.gif
 
さて、イグ葉でも買うかな……

……サテ!?

おいおいおいおい!
どっちなんじゃいいいい!!
どっちだって聞いてるんじゃいいいい!!

イグ葉「ねぇ…… もう要らなくなっちゃうの……?」

あ! ごめ、ごめん! 気に障っちゃった?
ナシゴレンについて語っちゃった?
クエストNPCに故意に重なっちゃった?
あ、それはサテおき、誤ったことについては謝るよ!!

イグ葉「いもでも食ってろヤンキー、まじしねよ」

ハ!? しなねーよ!!
ぼくはしなねーよ!!
あなたがすきだから!!
あとおまえらだってしなねーよ!!
わたしがまもるもの!!

ハ!?

しななきゃいらねーよ!!

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100

091 オーク

sl091.gif

おう、少しいない間に変わったものなんて
モンスターの配置と、
お前等のレベルくらいだな


……


……え?

1Lvも、増えてない?


HAHAHAHAHA!!

おいおいおい! そんな冗談!
オークゾンビでも言わないぜ!?

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100

090 ステイシス

sl090.gif

どこかの知らないただの他人が、
僕の決めた僕の道の脇でひっそりとチャットルームを立て
「ごめんなさい。」 なんて謝るものだから
その言葉を受けるどこかの知らないただの誰かのために
僕は、自分の一瞬を失い、やきもきしてしまうのです

でも、

いつもの狩場を時計回りに
悪い敵を30匹も狩ってみれば
なにを悩んでいたのかなんて
もう思い出すこともできません

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100

089 モンスター

sl089.gif

「ピンクの原色のモンスターとトゲトゲのモンスターに襲われた

『ポリンとなにそれ? キャラメル?

「いやリアルで

『現実にポリンなんていねーよ

「でも、トーキョウで……


『おまえは東京をなんだと思ってるんだ

「え、すまん…… でも別んとこで女シャドウチェイサーにも襲われた

『……

「オーサカで、50歳前後のやつに

『いるけどいねーだろ!



「よし、なら、自分が愛した魚貝型の敵ベスト3のはなしをしてやろうか

『もうなんなんだよ、お前がモンスターだよ

「バレちまったか、ケェー! ドンゴドンゴドンゴ!!


『……え、お前の中ではモンスターってそんな感じなの?

 

 
posted by zusuyo at 12:29 | 76−100

088 センサー

sl088.gif

いや、ギルハンに行きたくないのは
別にいいと思うんだ

だから次からは、
「ガーデンから妖気を感じる」
なんて言わなくていいからさ

 

 
posted by zusuyo at 00:00 | 76−100